旅行で使われる用語「バルクヘッド」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > バルクヘッド

バルクヘッド

旅行の飛行機で使われる用語「バルクヘッド」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

飛行機の機内で、客室の空間を区切る壁。

解説

バルクヘッドとは、飛行機の客室で、機内の空間を仕切る目的で設置されている壁のこと。
ビジネスクラスやエコノミークラスを隔てる目的や全面に大型モニターを設置してある壁もバルクヘッドに相当する。
一般的にバルクヘッドが目の前にある席は、他の座席に比べて足元がゆったりしていることが多く人気がある。また目の前に座席がない為、前の座席がリクライニングすることもなく、広々とした空間を確保できる。

英語

Bulkhead

旅行のポイント

バルクヘッドのすぐ後ろの座席は人気がある為、事前の座席指定では選択できなかったり、有料での指定サービスとしている航空会社もあります。また子連れのお客様を優先的に案内する場合もあります。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > バルクヘッド

» ページ上部へ戻る