旅行で使われる用語「キャビンアテンダント」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > キャビンアテンダント

キャビンアテンダント

旅行の飛行機で使われる用語「キャビンアテンダント」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

飛行機での客室乗務員のことでJALなどが使用している用語。

解説

キャビンアテンダントとは、飛行機の客室乗務員のことで、他にフライトアテンダント、キャビンクルーなど航空会社や地域によって呼び方は様々。
かつては女性の客室乗務員をスチュワーデス、男性の客室乗務員をスチュワードと呼ぶこともあったが、現在は男女の区別なく、キャビンアテンダントやフライトアテンダントと呼ばれることが多い。
航空会社別では、JALがキャビンアテンダント、ANAが客室乗務員(スカイサービスアテンダント)を使用している(2013年調べ)。
英語圏では、フライトアテンダント(Flight attendant)またはキャビンクルー(Cabin crew)が一般的。

別の言い方・言い換え・類語

キャビンクルー,フライトアテンダント,客室乗務員

英語

Cabin attendant

座席・機内サービスの用語

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > キャビンアテンダント

» ページ上部へ戻る