旅行で使われる用語「チェックインカウンター」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > チェックインカウンター

チェックインカウンター

旅行の飛行機で使われる用語「チェックインカウンター」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

航空会社各社が空港に設置している主に搭乗手続きをするためのカウンターのこと。

解説

空港で飛行機に搭乗する前に、航空会社の搭乗手続きが必要になる。
国際線ではパスポートや予約内容の確認、スーツケースなどの預け荷物(受託手荷物)の手続き、到着地での乗り継ぎの案内などが行われる。
また事前に座席指定をしていない場合は、チェックイン時に座席が案内される。

英語

check-in counter

旅行のポイント

近年はチェックインカウンター近くに自動チェックイン機が設置されている場合が多いので、うまく使えればスムーズなチェックインができることもあります。 また事前のオンラインチェックインが可能な航空会社も増えていますが、空港で再度、搭乗券の発券が必要な場合もあるので確認しておきましょう。 スマートフォンがチケットになるサービスも増えており、利用する航空会社やフライトによっては、空港到着後にそのまま手荷物検索へと進むこともできます。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > チェックインカウンター

» ページ上部へ戻る