旅行で使われる用語「羽田空港 昼間時間帯」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > 羽田空港 昼間時間帯

羽田空港 昼間時間帯

旅行の飛行機で使われる用語「羽田空港 昼間時間帯」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

羽田空港の昼間時間帯とは、06:00~23:00までの時間帯のこと。

解説

羽田空港で発着する時間帯には、昼間時間帯と深夜早朝時間帯あり、昼間時間帯は午前6時から午後11時までを指す。
羽田空港は国内線の発着がその多くを占めるが、国際線の発着枠について話題になるときによく使われる用語である。
どの航空会社に割り当てられるかは、相手国当局との協議によって決められた発着枠のうち、日本側の発着枠と相手国側の発着枠に分かれる。
昼間時間帯については、イギリス、フランス、中国、シンガポール、タイ、ドイツ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、カナダ、アメリカと協議が行われている。
アメリカについては、2016年に日本側発着枠が5、アメリカ側発着枠が5と決定し、日本側についてはANAが3、JALが2となっている。

別の言い方・言い換え・類語

データイム

英語

Haneda Daytime

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > 羽田空港 昼間時間帯

» ページ上部へ戻る