旅行で使われる用語「入湯税」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > 入湯税

入湯税

旅行の温泉で使われる用語「入湯税」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

入浴者(にゅうとうぜい)とは、温泉が所在する市区町村が入浴者から徴収する税金こと。税金の為、支払い義務がある。

解説

温泉旅館や温泉のあるホテルに宿泊する場合は、入湯税を宿泊料金と一緒に支払うのが一般的。12歳以上が対象となります。標準税率は1978年より150円(1人1泊)となっています。収められた税金は、温泉に関する環境衛生施設の整備や観光復興などに役立てられています。

英語

hot spring tax

温泉の用語

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 温泉 > 入湯税

» ページ上部へ戻る