旅行で使われる用語「ミニマムステイ(最低滞在日数)」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > ミニマムステイ(最低滞在日数)

ミニマムステイ(最低滞在日数)

旅行のホテル・宿泊で使われる用語「ミニマムステイ(最低滞在日数)」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

ホテルや航空券の予約に必要な宿泊日数。

解説

ミニアムステイとは、ホテルやコンドミニアムの予約において、最低何泊以上の宿泊が必要という条件があること。
日本語では、最低滞在日数や最低宿泊日数と表記される。
ホテルでミニマムステイが設定されるのは、繁忙期(ハイシーズン)や年末年始などの連休が多く、2泊以上や3泊以上でないと予約できない場合もある。
航空券のミニマムステイとは、発券条件のひとつで、最低限必要な現地滞在の日数が設けられている。

別の言い方・言い換え・類語

最低宿泊日数

英語

Minimum Stay

旅行のポイント

ホテルでは1泊から泊まれることがほとんどですが、ビーチリゾートなどのコンドミニアムでは、ミニマムステイを設定していることがあります。ただし希望や交渉をすれば、条件を緩和してもらえることもあります。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > ホテル > ミニマムステイ(最低滞在日数)

» ページ上部へ戻る