旅行で使われる用語「マウンテンビュー」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > マウンテンビュー

マウンテンビュー

旅行のホテル・宿泊で使われる用語「マウンテンビュー」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

ホテルやコンドミニアムで、山が見える客室のこと。

解説

マウンテンビューとは、ホテルやコンドミニアムで、客室やベランダから山が見えること。
例えば、ハワイでは海側と山側それぞれに部屋がある場合が多く、海側がオーシャンビュー、山側がマウンテンビューとなる。ゴルフ場や庭に隣接する場合、ゴルフビューやガーデンビューが山側に位置することもある。
一般的にビーチリゾートでは、海側のほうが客室料金が高く設定されるが、山側でも夜景がきれいに見えると人気のホテルもある。

英語

Mountain View

旅行のポイント

せっかくビーチリゾートに泊まるならと、海側の部屋を希望することのが一般的ですが、例えばハワイのワイキキでは、高層なら山側の部屋も夜景が楽しめるのでおすすめです。 またワイキキでは、ダイヤモンドヘッドビューというのもあり、眺めの良いホテルでは人気の願望となっています。 少し変わったマウンテンビューとしては、標高3,100mにあるスイスの3100クルムホテル・ゴルナーグラートでは、部屋によって見える山が異なり、マッターホルンビュー、モンテローザビューと分けています。 日本でも富士山の見える部屋など、山々の願望が売りの旅館やホテルもあります。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > ホテル > マウンテンビュー

» ページ上部へ戻る