旅行で使われる用語「セキュリティ・チェック」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > セキュリティ・チェック

セキュリティ・チェック

旅行の飛行機で使われる用語「セキュリティ・チェック」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

空港受ける手荷物検査やボディチェックのこと。

解説

飛行機に搭乗する前に受ける手荷物検査やボディチェックのこと。国際線では出国手続きの前に受ける場合がほとんど。
検査の方法は国や空港、国内線か国際線かによっても異なる。
アメリカの空港では国際線・国内線いずれも靴を脱ぐ必要がある。
一般的に航空会社のチェックインカウンターがあるフロアと同じ階にある。

別の言い方・言い換え・類語

保管検査場,セキュリティ・コントロール

英語

security check

旅行のポイント

セキュリティ・チェック(保管検査場)へと進むときに搭乗券とパスポート(主に国際線)が必要になります。 荷物や財布などの持ち物、身につけているアクセサリー類は、すべてトレーに出してX線検査装置に通します。 また液体物やノートパソコンはバッグなどから出してトレーに載せる必要がある場合があります。 金属製のバックルがあるベルトは外しておき、パンツ(ズボン)のポケットにはなにも入れないようにしましょう。 機内持ち込みが制限されている持ち物は、セキュリティ・チェックで没収または捨てる必要があることもあります。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > セキュリティ・チェック

» ページ上部へ戻る