旅行で使われる用語「シングルユース」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > シングルユース

シングルユース

旅行のホテル・宿泊で使われる用語「シングルユース」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

ツインやダブルなど2人以上向けの客室を、1人で利用すること。

解説

シングルユースとは、ホテルや旅館で、ツインベッドやダブルベッドなど複数人向けの客室やプランを、1人で利用すること。日本語で「お一人様利用」と表記されることもある。
人数ではなく客室単位で料金が設定されているホテルでは、1人で泊まっても、2人で泊まっても、その客室料金が変わらない場合があり、1人で宿泊すると割高になる場合が多い。
また朝食・夕食などのサービス料においては、プランに含まれているかによって、料金が異なることもある。
パッケージ旅行では、1人で参加して、1人で1部屋を利用すると、追加料金がかかる場合が多い。海外では部屋単位での料金がほとんどの為、パッケージよりも個人手配したほうがお得になる場合がある。

別の言い方・言い換え・類語

お一人様利用

英語

Single use

旅行のポイント

シングルユースのメリットは、より広い客室やベッドをひとりで利用できること。客室料金もシングルとあまり差がない場合もあり、ダブルルームを検討してみるのもおすすめです。国内のビジネスクラスでも広い部屋のシングルユースプランを提供していることがあります。 また例えば、シングルユースのプランでツインやダブルを予約後に、人数を追加して2人で宿泊したい場合には、事前にホテルへ確認しておきましょう。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > ホテル > シングルユース

» ページ上部へ戻る