旅行で使われる用語「ウィンドウシート」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > ウィンドウシート

ウィンドウシート

旅行の飛行機で使われる用語「ウィンドウシート」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

飛行機や鉄道での、窓側の座席のこと。

解説

ウィンドウシートとは、飛行機や鉄道、バスなどの乗り物で、窓側の座席のこと。
予約時に指定できる場合には、ウィンドウシート(窓側の座席)を指定することができる。
また航空会社や鉄道会社によっては、シートマップ(座席表)を見ながらオンラインで選択することもできる。
通路側の座席は、「アイルシート」と呼ばれる。

英語

Window seat

旅行のポイント

窓側のシートに座るメリットは、まず景色が良いこと、それと片側が窓になることで、少し落ち着いた空間を確保できることです。ただし隣の通路側に他の方が座っている場合には、トイレへ行くときなどに気を使うことにもなります。トイレへ行くなくても済む短距離なら窓側、長距離なら通路側、というように使い分けるのもおすすめです。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > ウィンドウシート

» ページ上部へ戻る