カルパチア山地のブナ原生林の観光・アクセスガイド

旅行ガイド > 海外旅行 > 東ヨーロッパ旅行 > ウクライナ旅行 > カルパチア山地のブナ原生林

カルパチア山地のブナ原生林

アルバニア、イタリア、ウクライナ、スペイン、スロバキア、スロベニア、クロアチア、ドイツ、ブルガリア、ベルギー、ルーマニアにある世界遺産(自然遺産)、カルパチア山地のブナ原生林(Ancient and Primeval Beech Forests of the Carpathians and Other Regions of Europe)の観光情報。日本からの行き方、現地都市からのアクセス、地図、歴史・文化、登録の基準などを紹介しています。

【注意】ウクライナへの旅行・渡航をご検討中の方は、外務省の危険情報ページをご覧ください。

基本情報

英語名Ancient and Primeval Beech Forests of the Carpathians and Other Regions of Europe
フランス語名Forêts primaires et anciennes de hêtres des Carpates et d’autres régions d’Europe
日本語訳カルパチア山地のブナ原生林
種別自然遺産
登録年(Date of Inscription)2007年
アルバニア、イタリア、ウクライナ、スペイン、スロバキア、スロベニア、クロアチア、ドイツ、ブルガリア、ベルギー、ルーマニア
Ref1133ter

地図・マップ

カルパチア山地のブナ原生林の位置をGoogleマップで表示しています。

関連する項目

登録の基準

世界遺産リストへの登録に関して「世界遺産条約履行のための作業指針」で示される登録基準です。カルパチア山地のブナ原生林は、以下の基準に該当します。

(ix) - 陸上・淡水域・沿岸・海洋の生態系や動植物群集の進化、発展において、重要な進行中の生態学的過程又は生物学的過程を代表する顕著な見本である。

ウクライナの世界遺産一覧

世界遺産の日本語表記について
世界遺産の正式名称は、英語とフランス語のみが登録されています。 当サイトに掲載している日本語名は、UNESCO世界遺産センターにおける表記を優先しています。

関連ページ

世界遺産 > 東ヨーロッパの世界遺産 > ウクライナの世界遺産

» ページ上部へ戻る